スポンサードリンク

エステサロンでのワキ脱毛

ワキ脱毛をエステサロンで行うメリットは、スタッフが女性なので恥ずかしいということもなく安心してワキ脱毛ができるのはとてもいいところです。

ワキ脱毛をしてくれるエステサロンは全国にたくさんありますから予算や希望にあったところをさがすのも大変です。

ワキ脱毛を行うエステを選ぶポイントは、何度か通うことになるので通いやすいところがいいでしょう。

次にワキ脱毛をする方法です。レーザー脱毛や針脱毛などワキ脱毛の施術方法はいろいろありますので、自分の希望に合ったワキ脱毛をしてくれるエステを探しましょう。

費用面も考えましょう。キャンペーンなどで安くしているところもありますので、きちんと調べるか問い合わせをしてからの方がいいでしょう。

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛は、主に毛抜きやカミソリでムダ毛処理をしたときになりやすいです。

ムダ毛の発毛サイクルに比べ、皮膚の再生サイクルが早いと皮膚の中で毛が発毛してしまい、埋没毛となるのです。

埋没毛は皮下に毛が埋まり肌が鳥肌状に荒れたりしてしまいますが、ほとんどの場合、自然に分解され排泄されてしまいます。

まれに炎症を起こす場合もあるので、毛膿炎症などに注意して、万一炎症を起こしてしまった場合には悪化させないうちに医師の診療を受けたほうがいいでしょう。

ワキなどの毛穴に埋没毛はなりやすいので、無理なワキ脱毛は控えましょう。

毛膿炎(もうのうえん)

毛膿炎(もうのうえん)は傷ついた皮膚に細菌が侵入したり、広がった毛穴から細菌が入り炎症をおこしている状態のことです。

原因は、処理の際に使用した器具が不衛生だったり、毛抜きで毛穴を無理に広げて抜いた場合などに細菌が入るため炎症が起こります。

毛膿炎にかかると、毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症が起こり、痛みがあります。放っておくと炎症が長引いたり広がることもあるので、医師の診断を受けましょう。

ワキ脱毛は汗などにより脱毛後は炎症を起こしやすいです。

除毛クリーム

除毛クリームによるワキ脱毛は、手軽に使えるのがいいところです。アルカリ性のクリームを使用して毛を溶かすという方法のため、お肌の弱い方には向いていません。

除毛クリームでのワキ脱毛は、カミソリでの処理のように皮膚の表面に生えている毛を溶かすので、すぐに毛が生えてきます。

除毛クリームによる脱毛処理には痛みはありません。毛先が断面になることもないので、毛が濃く見えたりするようなこともありません。

除毛クリームでワキ脱毛をした後はローションやクリームを塗ってお肌のケアをしてください。

かみそりでのワキ毛処理

わき毛処理として手軽に行えるのがカミソリによる方法です。

この方法は、皮膚の表面に生えている毛だけを処理するので、すぐに生えてきてしまい、こまめにやらなければいけません。

皮膚の弱い方ですと、皮膚を傷つけたり炎症を起こしたりトラブルも多いようです。
続きを読む

脱毛ローションによる処理法

脱毛ローションは、家庭で簡単にでき、塗るだけで気になるムダ毛を目立たなくして発毛を遅らせてくれます。

使っていくうちに、ごわついた毛が柔らかい産毛にかわっていきます。お肌のキメも整えてくれますので、肌の弱い方や安心して
脱毛を行いたい方におすすめです。


☆今話題の注目商品☆



続きを読む
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。